>かなかな[kanakana]カナカナのハンドメイドオリジナルアクセサリ

2011年6月3,4,5日 フランスアンティークとクチュリエール展(加古川市・加古川総合庁舎1F)

6月4日(土)のフランスアンティークとクチュリーエール展の出展者の皆様はごらんの通りでした。

マップもかわいいですね。ちょっとした心遣い、cherirさんの細やかさが嬉しいです。

会場の時間は穏やかに和やかに流れ、皆さん気に入ったアイテムの前で足をとめ、店舗主さんとお話ししながら楽しまれているようでした。

通路も広くとられ、お子様連れのお客様もゆったり見れる配置になっていました。

今回のkana∴kanaの出店の様子です。

ガラスを用いた3D展示です。ガラスの透明感と奥行きが良いのではないでしょうか。

メタルの硬質感とガラスの硬質感の類似、メタルのそれとレースの柔らかさの対比ですかね。

お隣の気球堂さんのコーナーです。パンダが2匹のぞいています。

真ん中の雪が積もったおうちがモチーフの七宝ブローチは雪の質感があってとても良い雰囲気でした。

Cherirさんのコーナーのアンティークグッズは、やはり年を経た味わいのある、粋なアイテムが多く、思わず買ってしまいそうになります。

その中でも、これ。アンティークの鍵。現代のプレスの鍵にはない大切なものを保管するために作った鍵という雰囲気が良いです。

Petit Bourgeon(プティ ブールジョン)さんのコーナー。Bourgeonとは-芽-という意味なんですね。思わず調べてしまいました。

ガーリーな感じがとても良く、思わず一つ妻用お買い上げです。ディスプレイも爽やかでお花に似合っていました。

本ページの文責:旦那